爬虫類飼育用品を通販で激安の最大5000円OFFにしちゃう方法

爬虫類飼育用品の購入は通販でかっちゃお!ケージやバスキングライトなどの飼育用品をなるべくお得に買えるように情報をまとめてみました!

*

ヒョウモントカゲモドキの加・保温器具は「暖突Sサイズ」がおすすめ!

      2015/12/14

WS000051

ヒョウモントカゲモドキの保温は「パネルヒーターのピタリ適温プラス」で充分です。ただし、真冬の時期はそれだけだと頼りないのが実際です。そこで真冬対策として効果抜群なのが、今回ご紹介する「暖突Sサイズ」です。暖突を設置すれば、真冬の気温を凌ぐことができます。

こちらの楽天通販でしたら4800円前後で、かつ送料無料なのでお得です。

定価だと6000円近いのです。
上記なら約1200円OFFで新品の暖突が手に入ります。

ちなみに暖突がヒョウモントカゲモドキ飼育で一番費用のかかる器具だと思います。メルカリなどの通販で中古で安く手に入れることもできますが、動作の保証もなければ、長く使えるものなのかも分からず不安です。だから僕はあまりオススメできません。

WS000052

「暖突」を使えば、5~10度前後の加温ができます。もし暖突を使っても温度が高すぎたり、逆に低いようなら、暖突の高さを調整すれば良いだけの話です。僕も真冬の寒い季節は暖突に頼りっぱなしです。とりあえずSサイズをひとつ買えば、もしケースが2、3つとあっても、まとめて加・保温することもできます。

ちなみに、暖突は熱すぎて火傷するのではないか?と心配する人もいますが、暖突は柔らかく空気を温めてくれるので、トラブルの可能性は低いです。暖突の真下に手をかざしても、熱すぎることはなく、空気全体を温めてくれるので安全性も高いです。

「暖突」は数千円するので、もし今月の余裕が無い場合はこちらの方法を参考にしてみてください。暖突の値段をガクッと下げることができます。

爬虫類用品・エサを通販で最大5000円値引きにする方法

もし暖突を使っても温度が25度を切ってしまうようなら、100均の保温シートでケースやメタルラックを包んだりすれば大丈夫のはずです。それか、発泡スチロールを使った簡易温室などに入れておくと良いでしょう。僕の場合は、メタルラックに複数のケースを並べてるので、正面のみビニールシートを垂らして温度が逃げないようにしています。

それから電気代ですが、Sサイズは13Wほどなので24時間つけっぱなしでも、だいたい月に300円以内です。暖突は他の器具と違って、本体価格が値を張りますが、長年使うことを考えたら安い投資です。

悩んで低い温度のままでいるよりはスパッと買っちゃったほうが安心できます。

きっと昔はこんな便利な爬虫類用品はなかったでしょうから、それを思うと飼育もかなり楽になりましたよね。これからもっと便利な商品で作られると思うと、なんだかワクワクしてきます。

他にもヒョウモントカゲモドキのこんな記事も読まれています。

ヒョウモントカゲモドキのケージは「レプタイルボックス」がおすすめ!

ヒョウモントカゲモドキの床材は「バウンティのキッチンペーパー」がおすすめ!

ヒョウモントカゲモドキのパネルヒーターは「ピタリ適温プラス」がおすすめ!

ヒョウモントカゲモドキが拒食中の餌は「グラブパイ」がおすすめ?

 - 加温・保温器具